高校総体・高校新人・高校駅伝 上位大会進出ライン記録集

高校新人 陸上競技 鳥取県大会の大会概要

年度ごとの高校新人 陸上競技 鳥取県大会の大会概要を掲載しています。
確認したい年度をクリック(タップ)すると、情報が展開されます。

大会名
第63回 鳥取県高校新人陸上競技大会
第29回 中国高等学校新人陸上競技対校選手権大会 鳥取県予選会
令和2年度 高等学校新人陸上競技 鳥取県大会
2020年度 鳥取県高校ユース
開催日
2020年(令和2年)9月18日(金)~20日(日)
会場
コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク陸上競技場(鳥取県立布勢総合運動公園陸上競技場)
資料
大会要項(pdf)新しいタブで開く
結果
全結果(pdf)新しいタブで開く
決勝一覧(pdf)新しいタブで開く
大会名
第62回 鳥取県高校新人陸上競技大会
第28回 中国高等学校新人陸上競技対校選手権大会 鳥取県予選会
令和元年度 高等学校新人陸上競技 鳥取県大会
2019年度 鳥取県高校ユース
開催日
2019年(令和元年)9月13日(金)~15日(日)
会場
コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク陸上競技場(鳥取県立布勢総合運動公園陸上競技場)
資料
大会要項(pdf)新しいタブで開く
競技日程(pdf)新しいタブで開く
結果
全結果(pdf)新しいタブで開く
決勝一覧(pdf)新しいタブで開く
大会名
第61回 鳥取県高校新人陸上競技大会
第27回 中国高等学校新人陸上競技対校選手権大会 鳥取県予選会
平成30年度 高等学校新人陸上競技 鳥取県大会
2018年度 鳥取県高校ユース
開催日
2018年(平成30年)9月14日(金)~16日(日)
会場
コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク陸上競技場(鳥取県立布勢総合運動公園陸上競技場)
資料
大会要項(pdf)新しいタブで開く
競技日程(pdf)新しいタブで開く
結果
全結果(pdf)新しいタブで開く
決勝一覧(pdf)新しいタブで開く
大会名
第60回 鳥取県高校新人陸上競技大会
第26回 中国高等学校新人陸上競技対校選手権大会 鳥取県予選会
平成29年度 高等学校新人陸上競技 鳥取県大会
2017年度 鳥取県高校ユース
開催日
2017年(平成29年)9月15日(金)~17日(日)
会場
コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場(鳥取県立布勢総合運動公園陸上競技場)
資料
大会要項(pdf)新しいタブで開く
競技日程(pdf)新しいタブで開く
結果
全結果(pdf)新しいタブで開く

男子の高校新人 鳥取県大会 → 中国大会の進出ライン記録集

高校新人 陸上競技の鳥取県大会から中国大会へ進出できるのは、各種目の3位までの入賞者(開催県は4位までの入賞者)です。

ただし、走高跳と棒高跳は3位までの入賞者のうち3名(開催県は4位までの入賞者のうち4名)です。

ここでは、進出ラインとして各種目3位の記録をまとめています。

2020年度(令和2年度)
11.01(+1.1)【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
10.99(+1.0)【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
10.97(+0.7)【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
11.28(-1.0)【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
22.57(+0.5)【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
22.32(+2.9)【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
22.71(+0.6)【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
22.73(+0.1)【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
50.79【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
51.26【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
52.30【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
50.75【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
1:59.54【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
2:00.34【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
2:02.02【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
2:03.51【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
4:03.35【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
4:11.05【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
4:12.38【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
4:02.35【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
14:43.19【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
15:35.56【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
15:39.99【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
15:13.20【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
15.86(-0.5)【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
15.79(+0.9)【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
16.06(+0.2)【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
16.59(-0.3)【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
59.94【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
57.79【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
58.98【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
58.75【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
10:08.25【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
10:03.71【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
10:09.02【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
10:05.52【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
30:40.71【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
29:44.91【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
-【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
27:51.20【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
43.19【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
43.50【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
43.11【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
42.87【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
3:26.53【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
3:27.92【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
3:31.02【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
3:30.52【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
1m80【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
1m65【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
1m80【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
1m70【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
3m30【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
2m60【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
3m50【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
3m00【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
6m35(+1.1)【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
6m44(+1.5)【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
6m44(+0.1)【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
6m66(+2.1)【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
12m26(+2.0)【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
12m79(+1.9)【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
12m87(+0.2)【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
12m52(+0.4)【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
10m41【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
9m43【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
10m34【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
9m86【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
28m08【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
24m63【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
25m84【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
30m20【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
29m47【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
27m18【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
25m97【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
23m53【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
44m35【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
41m85【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
49m07【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
47m74【3位の記録】

女子の高校新人 鳥取県大会 → 中国大会の進出ライン記録集

高校新人 陸上競技の鳥取県大会から中国大会へ進出できるのは、各種目の3位までの入賞者(開催県は4位までの入賞者)です。

ただし、走高跳と棒高跳は3位までの入賞者のうち3名(開催県は4位までの入賞者のうち4名)です。

ここでは、進出ラインとして各種目3位の記録をまとめています。

2020年度(令和2年度)
12.65(-0.5)【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
12.31(+2.2)【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
12.41(+2.1)【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
12.72(-0.1)【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
26.35(+3.0)【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
25.97(+1.7)【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
25.78(+2.2)【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
26.54(+0.4)【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
1:01.51【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
1:01.20【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
1:00.99【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
1:00.84【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
2:22.61【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
2:21.67【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
2:27.52【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
2:27.92【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
4:53.64【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
4:51.69【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
4:56.48【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
4:53.82【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
10:33.80【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
10:39.49【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
10:28.65【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
10:18.86【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
17.13(+1.0)【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
15.28(+2.2)【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
15.30(+0.6)【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
16.17(+1.7)【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
1:08.55【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
1:10.05【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
1:11.79【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
1:09.05【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
-【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
40:29.28【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
36:37.99【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
-【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
49.91【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
49.77【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
49.30【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
49.91【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
4:10.88【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
4:07.40【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
4:11.99【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
4:12.45【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
1m45【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
1m45【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
1m40【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
1m50【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
-【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
-【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
-【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
-【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
4m95(-0.3)【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
5m25(+2.4)【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
5m18(-0.5)【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
5m20(+5.0)【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
10m31(+0.6)【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
10m50(+2.6)【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
9m90(+1.2)【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
10m48(+0.6)【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
7m87【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
7m42【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
9m93【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
9m15【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
21m79【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
23m79【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
25m91【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
28m76【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
30m78【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
24m84【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
25m50【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
35m44【3位の記録】
2020年度(令和2年度)
27m71【3位の記録】
2019年度(令和元年度)
32m93【3位の記録】
2018年度(平成30年度)
32m70【3位の記録】
2017年度(平成29年度)
31m95【3位の記録】

地域別情報

大会別情報

メニュー